インプラント

インプラント治療とは

天然の歯と変わらない感覚で噛むことができ、自然で美しい歯を手に入れることができる治療法です。

インプラント治療とは

インプラント治療とは、失った歯根のかわりに人工の歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、固定させた上に人工の歯をかぶせて自然の歯の噛む力、見た目を回復する最新の歯科治療法です。

歯を失うということは、見えている部分の歯冠だけでなく、それを支えている歯根までを失うということになります。

人工の歯根となるインプラントはチタン製で、チタンは骨と結合する特性をもっています。 チタンは、地球上でもっともアレルギーの少ない金属で、金属アレルギーの方でも(特殊な場合を除く)、使用していただけます。

顎の骨にしっかりと固定されるインプラント治療は、ぐらつかず、取り外して洗う必要もありません。

(入れ歯の方は、取り外してご自身で洗っていただく必要があります。)

インプラント治療の流れ

インプラント治療には、1回法と2回法があり、当院では両方に対応しています。顎の骨や患者様の状態などに合わせて最適な治療法を選択します。 

1 回 法2 回 法
カウンセリング
患者様のお悩みやご希望をじっくりお伺いし、インプラント治療についてご説明します。何かわからないことがありましたら、お気軽におたずねください。
矢印
CTによる診査
CTによる診査レントゲンやCTで口腔内や顎の骨の状態を調べます。当院ではCTを院内に導入していますので、わざわざほかの医療施設へCT撮影に出向いていただく必要はありません。
矢印
CT画像による診断
カウンセリング内容と診査により取得したデータをもとに、治療計画を立案します。その後、治療計画をわかりやすくご説明し、ご納得いただけたら治療を開始します。
矢印
インプラント埋入手術
インプラント埋入手術

該当部分の歯ぐきを切開し、ドリルで穴をあけてインプラント(接続部付き)を顎の骨に埋め込みます。局所麻酔を行いますので、痛みはありません。ご安心ください。

※口腔内のチェックで虫歯や歯周病が見つかった場合には、優先して治療を行います。

※顎の骨が足りない方は、術前または同時に顎の骨を再生させる治療を行うこともあります。

該当部分の歯ぐきを切開し、ドリルで穴をあけてインプラント(接続部なし)を顎の骨に埋め込みます。局所麻酔を行いますので、痛みはありません。ご安心ください。

※口腔内のチェックで虫歯や歯周病が見つかった場合には、優先して治療を行います。

※顎の骨が足りない方は、術前または同時に顎の骨を再生させる治療を行うこともあります。 

矢印
治癒期間
インプラントと顎の骨がしっかり結合するまで治癒期間を設けます。
矢印
接続部装着・治癒期間
インプラントと顎の骨がしっかり結合したら、再度歯ぐきを切開しインプラントに人工歯との接続部(アバットメント)を装着します。その後、歯ぐきが治癒するまで、再度治癒期間を設けます。
矢印
人工歯装着
歯ぐきが治癒したら、口腔内にぴったり合った人工歯を装着して治療は完了です。その後は、定期的にメインテナンスを受けましょう。長期間インプラントを維持するには、しっかりブラッシングをし、定期検診を受けることが大切です。

インプラント治療の様々な治療方法

通常インプラント治療を行うには10ミリ以上の骨の高さや6ミリ以上の骨の幅が必要です。
(インプラントが長期間にわたって安定する為に必要とされる骨量)
日本人では特に上顎の奥の骨が不足していることが多く、60~70%の方は骨の増大や特殊な治療をしないとインプラント治療が不可能です。
当院では下記のような治療方法を組み合わせ、骨が少なくなってしまった患者様にも それぞれにあったインプラント治療を提供しております。

サイナスリフト法

上顎の奥の骨の高さが5ミリ未満の場合
(ほとんどの場合、ピエゾサージェリー(超音波骨切除器具)により骨の造成とインプラント埋入手術を同時に行うため、治療期間は一年未満の場合が多い。あまりにも、残っている骨が脆弱な場合は、インプラント埋入手術の前に骨の造成を行う場合もあります。)

歯が揃っているときの上顎骨(右側)
歯が揃っているときの上顎骨(右側)


STEP1
サイナスリフト法 STEP1

歯がなくなると、歯槽骨の吸収が進行します。上顎の場合は図のように上顎洞の拡大も進行する可能性あり、歯槽骨はさらに薄くなります。

STEP2
サイナスリフト法 STEP2

歯槽骨の骨量が少なくなると、図のように必要なインプラントが埋入できなくなります。

STEP3
サイナスリフト法 STEP3

歯槽骨の薄い部分の上顎洞底部に移植骨や人工骨を填入します。このとき、インプラントを同時に埋入する場合と、インプラントは骨の造成が完了してから行う場合とがあります。骨があまりにも薄い場合は、インプラントの固定ができないので、後者の方法を選択します。

STEP4
サイナスリフト法 STEP4

インプラントが固定されたら、人工の歯(上部構造)を製作し装着します。

ソケットリフト法

上顎の奥の骨の高さが5ミリ以上残っている場合
(骨の造成と同時にインプラント埋入手術も行う、治療期間は約半年程度の場合が多い。)

ソケットリフト法
ソケットリフト法
ソケットリフト法

スプリットクレスト法・リッジエキスパンジョン法

骨が薄くて幅が少ない場合
(最初に小さい穴を開けます、そこにボーンスプレッターと呼ばれる器具を入れて骨の幅を広げた所にインプラントを埋入します。骨の圧縮・拡大により脆弱な骨をも緻密化させインプラントの初期固定を高めることができます。)

①
②
③
④
⑤
⑥

GBR法

骨が不足している部位を吸収性や非吸収性のメンブレン(膜)で覆い、できた隙間に人工骨をつめて骨量を増大させる方法です。

GBR法
GBR法
GBR法

当院ではこれらの治療方法にPRF(PRFについては以下項目を参照)を複合しています。
※治療前に採血が必要です。

骨の量が不足していたことを理由にインプラント治療をあきらめていた方、まずはご相談ください
院内に導入した歯科用CTにて、すみやかに診査・診断いたします。

インプラント骨造成に有効なPRF(CGF)

ふるもり歯科クリニックで行う骨移植では、骨を造る材料(骨補填剤)に患者さん自身の血液から作った「PRF(多血小板フィブリン)」を混ぜて骨造成のスピードを速くする方法を採用しています。

患者さんから10~20cc採血させていただき、遠心分離器にかけます。
血液を遠心分離機にかけると、3層に分離され、中間部分にゼリー状の成分が分離できます。
このゼリー状の成分はフィブリン(線維素)と呼ばれ、血小板を高濃度に含んでいます。

これを骨の少ない部分に使えば骨を増やす事ができ、インプラント治療や歯周病治療に非常に有効です。

他の類似の方法に比べても患者さま自身の血液成分なので副作用もなく、感染病に対しても安全な療法です。

インプラント骨造成に有効なPRF
遠心分離器

遠心分離器
採血して遠心分離を行います。

遠心分離終了後

遠心分離終了後
黄色い部分がPRFです。

料金表

インプラントの料金は使用する素材や患者様の症状によって異なります。
当院では患者様一人ひとりにあったお見積りをお出ししていますので、インプラントに興味のある方はお気軽にご相談・ご依頼ください。

インプラント (金属の上部構造物)
●埋入費
●2次手術(歯肉形成)
●被せの型取り
●被せのセット

(総額)\320,000~
※症例により異なります。
※上部構造物により異なります。

インプラント (白色の上部構造物)
●埋入費
●2次手術(歯肉形成)
●被せの型取り
●被せのセット

(総額)\350,000~
※症例により異なります。
※上部構造物により異なります。

ソケットリフト\50,000
サイナスリフト\320,000
スプリットクレスト法・リッジエキスパンジョン法\50,000~\10,000
GBR\50,000~\10,000
CT撮影
●CT撮影
●手術のシュミレーション
●術後確認のCT撮影

80×80撮影  15,000円
※撮影枚数は問いません。

※表示金額は全て税抜です。 

  保障について

  治療後の定期検診にお越しいただくことを条件に、5年保証をさせていただいております。


  お支払について

  一括支払いのほか、クレジットカードでの分割払いも可能ですので、お気軽にご相談ください。 

クレジット

※その他費用に関してはお気軽にお問い合わせ下さい。

ふるもり歯科クリニック 詳細はこちら